透析看護師はどんな仕事をするの?

透析看護師の仕事内容



人工透析は、半永久的に透析を受けることになります。透析の間、患者さんは精神的にも肉体的にも辛い状態です。そんな患者さんに対し、看護師は励ましたり、セルフケアが上手くいくように指導する役割があります。

透析を受ける経緯として、主に糖尿病からの合併症により腎不全になった方が受けるようになります。しかし糖尿病を発症している時点で、自身が生活習慣や食生活に調整が行えないため、改めることは難しい患者さんが多いと言えます。
http://xn--vek580gkwcyvpk9qvfmektwl0a.com/

糖尿病は重症でなければ、自覚症状があまりありません。医師の説明に対してそれほど危機感を抱いていない方が多くいます。人工透析は苦痛を伴います。さらに、今まで思うままの食事や引水を制限されるようになります。その他にも日常の生活に様々な制限がかかります。

そのため、人工透析患者さんから心にもない言葉を投げかけられる看護師も少なくないようです。看護師はそんな患者さんと関わるコミュニケーション能力を高め患者さんの生活管理を行えるようサポートするのが仕事です。

さて、人工透析の患者さんの精神を支えることの他に、シャントへの穿刺も看護師が行います。透析用の針は太く注射針の約2倍、長さは3cm~8cmと非常に長いことが特徴です。

通常はシャントに入れることに問題はないのですが、血流や使用期間など様々な要因が重なって難しい場合があります。日々経験ですので、どんな状態でもスムーズに行えるよう数をこなしましょう。

また透析中は、血圧低下など生じることがあります。なぜなら、体内の老廃物や水分を除去するために、血液を体内から出しているためです。

透析中、血圧低下など急変が起こることを想定し、患者さんの状態を注視することが大事です。もし急変が起こった場合は医師に報告し、迅速な対応を行います。

ただでさえ子供は大人の患者と違って手がかかりますから、診察が大変なのです。小児科が少ない現在、小児科で働こうと思っても、職場そのものが以前と比べて少ないのが現状です。子供が好きだからといって小児科で働けるとは限らないことを頭に入れておくようにしましょう。
さいたま市立病院

看護師から養護教諭を目指す

現在看護師として働いているものの、保健室の先生になりたいという方もいるのではないでしょうか。 保健室の先生といえば、学校にいる最中にけがをしたり、具合が悪くなった時に非常に頼れる存在ですよね。

保健室の先生は、「養護教諭」と呼ばれます。 小学校だけでなく、中学校用高等学校において児童や生徒の健康管理を行うという役割を持っているため、とても人気が高いです。

ただ、「保健室の先生」と呼ばれることからもわかるように、教員という扱いになるため、教員採用試験に合格する必要があります。

まず、養護教諭2種免許状を取得するためには、所定の養護に関する科目を30単位及び教職に関する科目12単位以上を指定の短期大学か養護教諭養成施設で修得して卒業しなければなりません。

それ以外には、保健師の免許を持っているという方は申請をするだけで取得が可能です。

臨時免許状を持っている方は、6年以上養護教員として勤務した経験が必要になり、その間は良好な成績で働いている必要があります。 大学や養護教諭養成施設、認定講習では所定の科目30単位以上を修得して各都道府県の教育委員会で行っている教育職員検定に合格することでも取得が可能です。

続いて、養護教諭1種免許状を取得する方法についてご紹介します。

指定されている4年制の大学に通い、所定の科目540単位、教職に関する科目を16単位を修得して卒業するというのが一つの方法です。 他には、看護師免許を受けた上で一年以上を文部大臣の指定する養護教諭養成施設に在籍して所定の監護に関する科目と、教職に関する科目で必要な単位を修得して卒業することでも取得ができます。

保健師免許を持っている方は、半年以上文部大臣の指定する養護教諭養成施設に在籍し、所定の要望に関する科目と教職に関する科目で必要な単位を修得した上で卒業することでも取得が可能です。

このように、様々な方法で養護教諭免許を取得する事が可能なので、養護教諭へのキャリアアップを目指している看護師の方は自分にはどの方法が向いているのかチェックしてみてくださいね。

看護師の志望動機まとめ

看護師は、どのような志望動機を持っているのでしょうか。 漠然と将来看護師になりたいと思っているものの、本当に自分に看護師が向いているのか不安に感じてしまっている方もいるかもしれません。

看護師というのは人の役に立てる素晴らしい仕事ではありますが、大変なこともあるので、楽しいだけの仕事ではないということはしっかり理解しておきたいですね。 それでも、看護師を目指し、日々頑張っている方はたくさんいます。

看護師なりたいと考えた方の中で特に多い志望動機として挙げられるのは次のようなものです。

例えば、自分の母が看護師として活躍しており、看護師として働くことの魅力をたくさん聞いて育ち、興味を持った、というもの。

身近に看護師がいてその人の話を聞いて看護師を目指したという方は多いようです。 看護師の仕事について詳しく話を聞くことができれば、理解も深まっているわけなので、いざ働き始めてからこんな仕事だとは思わなかったということもないですよね。 身近に看護師の方がいれば、楽しいことだけでなく、辛いことなどもよく話を聞いてみると良いでしょう。

他には、自分が患者として病院に入院していた際に看護師の手厚い看護を受け、感動したことから看護師を目指したという方もいます。

小さいころから病気がちで入退院を繰り返していたという方の中にも、日々自分を支えてくれる看護師を尊敬し、自分も将来看護師として活躍していきたいと感じた方が多いようです。

看護師になるためには、学校で何年間も学び、実習などを受けなければなりません。 気軽に軽い気持ちで目指せる職業ではありませんが、自分がなぜ看護師を目指そうと思ったのかをよく考えで、夢に向かって一歩ずつ進んでいけると良いですね。

なぜ看護師を目指しているのかよく分からないという方は、これから看護師として働き始めた際にどのような仕事を担当していきたいのか、どのように活躍していきたいのかを考えることがやる気の維持にもつながってくるはずです。

↑ PAGE TOP