後悔しない転職活動にするには?

看護師の転職を後悔しないために

転職した人がすべて新しい職場でイキイキと働くことができればいいのですが、実際にはそうもいかないようです。新しい職場が期待していた条件とは違っていたり、職場の雰囲気になじめなくてまた転職したくなってしまう人もいるのです。

転職を繰り返すことは仕事が長続きしない人と見なされることもあり、面接の際によくない印象を与えてしまう恐れもあります。ですから新しい職場を選ぶ時にはくれぐれも慎重になり、いろいろな観点からチェックして、転職を成功させるようにしましょう。

最初にはっきりさせておくべきなのは、自分がやりたい仕事はどんなことなのかということです。また自分が働くイメージをしっかり持つことも重要です。大きな病院で忙しくてもやり甲斐のある仕事をしたいのか、あまり残業がなく、プライベートも大切にしたいのか、ということです。

それによって転職先選びも異なってきますから、まずは自分の気持ちを明確にすることから始めましょう。めざす職場の条件が決まったら、それに合った求人情報を選べば良いのですが、自分で探すのは大変ですから、看護師専門の転職サイトを利用すると便利です。

希望条件に合った仕事先をピックアップして紹介してくれますし、転職の相談にも乗ってもらえます。また自分だけで転職活動をしていてはなかなか分かりにくい、職場の雰囲気などについても教えてもらえるのです。

前職を人間関係のトラブルで退職した人や、対人関係でストレスを受けやすい人などは、とくにしっかりと職場の雰囲気を確認しておくことをおすすめします。

転職すれば状況が改善されて幸せになれると誤解している人もいますが、そうと決まったわけではありません。実際、転職してから新しい職場で思ってもいなかった現実に直面し、転職は失敗だったと後悔している人も多いのです。

たとえば給与の低さが不満だったために、給与が高いということだけを重視して転職先を選んだけれど、今度は仕事のやり甲斐の面で不満が出てきてしまった、などです。

そんな不幸を避けるためにも、転職する時は情報をできるだけ集め、詳細に検討したうえで新しい仕事先を決めるようにしてください。

↑ PAGE TOP